メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

小郡市三井郡小学校教育研究会にゲストティーチャーとして参加しました

日時:2018年1月 29日(月)

1月25日に小郡市三国小学校で「小郡市・三井郡小学校教育研究会」が開催されました。6つの公開授業が行われ、その中の5年生の社会科の授業に私たち支援センターと小郡市立図書館の職員1名がゲストティーチャーとして招かれました。

IMG_3831 (2).JPG

IMG_3827 (3).JPG

小郡市の図書館ネットワークはどうなっていて、何のためなのか、子ども達が調べたことを発表していました。授業の最後に、図書館で働く私たちの願いや思いを話しました。子どもたちが「時間や労力そしてお金を使ってまで図書館サービスをおこなうのはなぜだろう」という疑問の答えをみつけてくれていたら嬉しいです。

調べ学習や読書を身近に感じるために、学校と公共図書館の連携は必須です。小郡市では小・中学校に常勤で学校司書を配置し学校図書館と子どもたちをつなぎます。そして、学校司書や教員と市立図書館をつなぐのが学校図書館支援センターです。センター設立から10年が経ちますが、発足当初に比べると図書の利用は格段に増加し、調べ学習や学級文庫に市立図書館の本があるのは"当然"となってきています。本がそばにある環境にしようとはたらきかけてきた成果だと思います。